ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  インテリアリペア  »  ダッシュボード割れ修理 《メルセデスW123》

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッシュボード割れ修理 《メルセデスW123》


こんにちは

リペア屋シャインの佐藤です。


本日は旧車乗りの方は高い確率でお悩みになると思われる

ダッシュボードの経年劣化による割れのリペアのご紹介になります。


施工しますダッシュボードがこちらになります。

DSC00554.jpg

メルセデスW123のダッシュです。

亀裂が入りまくってしまっていますね。

DSC00555.jpg
DSC00556.jpg
DSC00557.jpg

接着剤で補修しようと試みた形跡があります。

表面の素材が劣化により指で押すだけで「パキッ パキキキッ!」

と割れてしまう状態です。

このような状態のダッシュボードの亀裂の箇所のみを補修しても補修後すぐにまた割れてしまい

「補修するんじゃなかった・・・」

なんてことになりかねません。

ダッシュボード表面全て補修&補強を施し再度割れが生じないように施工していきます。

DSC00558.jpg

亀裂部分の処理を施し表面にFRPを積層、整形を施している状態になります。

DSC00561.jpg
DSC00559.jpg
DSC00560.jpg

亀裂が生じていた箇所も綺麗になりつつあります。

ここまでくればもう一息です。

表面をさらに平滑にし、施工により無くなってしまった

表面のシボ模様を再現しながらの塗装を施せば完成です。

DSC00562.jpg

作業場は汚くなってしまいましたがダッシュボードは綺麗になりました。

DSC00565.jpg
DSC00563.jpg
DSC00564.jpg

亀裂があった箇所もこのように仕上がりました。

カッコわるいダッシュの亀裂とサヨナラです(^o^)/


アルミホイールのガリ傷 カラーチェンジ

自動車内装のキズ 劣化 カラーチェンジ

ヘッドライトの黄ばみ除去などなど

お気軽にお問い合わせください。

リペア屋シャインのホームページお問い合わせはこちら





関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。